印鑑の使いみち


日本と海外のビジネスシーンにおいて、大きな違いとして挙げられる事があるのが「印鑑文化」と「サイン文化」の違いです。

海外においてはサインがよく利用されるようになっていますが、国内においてはまだまだ印鑑が重要なものとなっており、そのために使用されるネーム印というものがあります。

印鑑にも様々な種類があり、例えば前述したネーム印というのは比較的カジュアルな場所でも使用することができるものであり、私生活において使用される場合も少なくありません。これに対して、実印というのはフォーマルな場所で使用されるものであり、役所による登録が必要になるなど、特徴的な使用をされることになります。

印鑑は基本的に「彫り込んで」作られていることが多く、これに朱肉などのインクを付けて使用することになりますが、この方法の場合「印鑑」と「インク」をそれぞれ持ち歩かなければならないというデメリットがあります。

そのため、外で使用する場合などには適していない場合が多いと言えるでしょう。

そういった問題を解決することができるのが、ゴム式でインクが充填されるようになっているネーム印です。

こちらのネーム印の場合、内部にインクが入っているため、別途インクを持ち歩く必要がなく、簡単に使用することができます。では、ネーム印というのはどのようにして購入するのが良いのでしょうか。ここでは、ネーム印の購入の方法としてどのようなものがあるのかについて紹介します。

「印影発注のポイント」